『バック・アロウ』が面白いすぎる理由!をいくつ挙げられるか?まとめ

アニメ『バックアロウ』がおもしろい理由を挙げていきます。




『バック・アロウ』が面白いすぎる理由!をいくつ挙げられるか?

理由①バカっぽいのに熱い

裸の男がパンツを貰い

「バッキャローのバックアローだ!」

で名前が決まる!

アホなんだけど、そういう人間臭さが嫌いじゃない!

下手にシリアスに感動させようとしてくる作品より

アホな展開や言動を挟んでいるので、不意に感動している

自分に驚く!

理由②展開が速い

敵かわからなかったキャラが、サラっと仲間になったり

昔のアニメなら2、3話使う様な話でも

1話で終わるので、毎回、スッキリして気持ちいい




理由③主人公に信念がない

多くの作品が、主人公には信念があるのに

この作品の主人公は「信念がない」

善と悪の判断も、ないかのように行動するけど

結果としては、普通にいい事していく。

しかし、押し付けがましくない!説教臭くない!

軽い!だがそれがいい!

理由④ロボットは意外とカッコイイ

好みは分かれるところだと思いますが

ロボットのデザインがカッコイイ!

そして乗り手の信念が反映されるという設定も

また熱い!

自動的に現れる、人間性。しかしカッコイイ信念じゃ無くて

「やり過ごす」や「自分だけは生き残る」

だったり人間臭さがこれまたいい!

理由⑤世界観がごちゃ混ぜ

中国かと思ったら、西部劇のカウボーイぽかったり

アメリカかと思ったら、ヨーロッパだったり

世界観がごちゃ混ぜ!

でも新鮮!なんかワクワクするのです!

理由⑥敵キャラも魅力的

ザコな敵キャラもなんだか憎めない

なんだか、堂々とゲスな考えを言われると

なんだかカッコイイとさえ思ってしまう!

清々しい!




理由⑦村ごと移動のホームドラマと一体感

村ごと移動していくので

その一員になりたいなぁと思う。

死戦をくぐり抜けているけど

軽い展開なのでなんか楽しそう!

モブキャラ一人一人が雑では無くて

感情があって魅力的。




理由⑧繰り返される裏切りと許し

もうどれだけ裏切り展開があったでしょうか?

しかしすぐ許しちゃう。

ハイハイ!どうせ後で許しちゃうんでしょ?

と思ってもやはり、クルクル展開していくのは

胸が踊ってしまう!

理由⑨サブタイトルが面白い

【飛んできた男にパンツはあるか】

【美少年牧場ってマジなのか?】などなど

各話タイトルが面白いというかバカっぽすぎる

でも胸熱の展開があって感動している自分を

不意に客観的にみて

「あれこんなに期待してなかったのに」

と見終わった後にいい気分!




理由⑩読める様で読めない展開

各話のストーリーは結構よめるのだけれども

大きな全体のストーリーは結構読めない

誰が仲間になって、敵になって最後どうなるのか?

分かる様で、分からない

ひたすら難しい作品よりも

なんだか奥深い様な気さえしてしまう。




『バック・アロウ』が面白いすぎる理由!をいくつ挙げられるか?まとめた感想

根底に「面白くなさそう」から入っていて

気がついたら気になっている

クラスの地味な女の子みたいな感じがします。

その上で、なぜ面白いのか?いってしまえば

『谷口悟朗』監督✖️『中島かずき』脚本

両者に通づる、バカなんだけど熱い!

に尽きると思います!

でも、ただただ勢いで乗り切るわけでもなくて

肩透かしを喰らうと言いますか、軽さもあって

見易くて、疲れないです。

まだまだ面白さを挙げられるのか?

壁を打ち破りたいと思います!

『谷口悟朗』監督の特徴や作風は!?)

『バックアロウ』と『キルラキル』似てる?『中島かずき』とは!?)

『バックアロウ 』あらすじ評判ネタバレ感想まとめ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする