sora tob sakana解散の理由?何故?考察(ソラトブサカナ)

惜しくも2020年9月6日のワンマンライブを持って解散となってしまったsora tob sakana( ソラトブサカナ)。その解散理由を考察してみました。

*あくまで個人の見解です。




sora tob sakana解散の理由は何?考察(ソラトブサカナ)

公式サイトの各メンバーとプロデューサーの文章を読んでも、イマイチ分からない。よくあるパターンです。

(sora tob sakana 歌は下手?ひどい?のページはこちら

公式ホームページの長い文章を、要約すると

寺口夏花 ↓











「20歳になったら生活を見直そうと思っていた。」

神﨑風花 ↓









「実感はないが、今まで応援ありがとうございました。」




山崎愛 ↓










「突然ですが、今まで応援ありがとうございました。」

プロデューサー 照井順政 ↓

「芸能界、アイドルに興味はありませんでしたが、彼女たちのお陰で続けられました。」






これだけ見ると、寺口さんは20歳という節目の年齢で辞めようとした可能性もあります。











しかしその場合、辞めていったメンバーも3人いるので、アイドルなら新メンバーを募集するという選択肢もあったはずですが、そうはしなかった。

(2019年5月6日に脱退した、元メンバー風間玲マライカ↑)




プロデューサーはそもそも芸能界に興味なかったといっていて、元々『ハイスイノナサ』というディープなバンドをやっていたので、お金に興味なさそうですね。









sora tob sakana がより知名度を上げたのは2018年のアニメ『ハイスコアガール』のOPを担当したり、その後も何本かタイアップのあたりではないでしょうか?↓

TVアニメ「ハイスコアガール」OP映像_sora tob sakana/New Stranger

そしてレーベルは、FUJIYAMA PROJECT JAPAN(2015年 – 2018年) 


ワーナー ブラザース ジャパン(2018年 – 2019年) 


NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2020年)

と2回移動しております。1回目はメジャーへの移籍ですが




2回目は1年でメジャーからメジャーという事であまり、正直、売り上げがレーベルの期待ほどは、あまり良くなかったのかもしれません。

ちなみにCDシングルの売上、最高位はオリコン40位(魔法の言葉、flash)

また元々ジュニアアイドルとして、かなり年齢層の低いグループでした。

コンセプトとしても、マニアックで難解なサウンドに、少女のあどけないイノセントなボーカルが乗るというスタイルでした。それを維持できなくなってきた。

(大人への変化も、素晴らしくはありましたが。)





これらを合わせて、あくまで個人の予想ですが↓









『レーベルからすれば、続けても、辞めても、どっちでも良いほどの売上で、メンバー1人辞めるかも知れないし、まあ5年頑張ったし解散しとくか』

の様な感じではないのでしょうか?真意は謎ですが。











sora tob sakana解散の理由?考察してみた感想

筆者はニワカですねでsora tob sakanaのライブを観られたのは、2020年の8月1日の野外ライブにて。その時の感想は

「背高いなぁ!」




でした。そして個人的には、《brand new blue》という曲が大好きなので、やってくれなくてちょっと残念。しかし解散ライブのチケット高!!!!

でもとてもキュートで!生で観られて幸せでした!

その時のライブレポートのページはこちら




いい曲がメチャメチャあるんですよ!もっともっとライブ観たかったです・・・。

それにしても、まだメンバーの年齢が17歳〜19歳なの!(執筆時現在)











若っ!まだまだ未来ありますからね!なんだってできますよ!

こうやっていうと、若くないと何もできないのか???ってなりますので




『伊能忠敬』だって、50歳すぎてから、全国測量の旅に出てますからね!限界なんてありませんよ!

さあ、新しい地図を探して次のステージへ!俺たちの戦いはこれからだ!

「先生の次回作にご期待ください!」




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする