西條和(滝川みゆ)声優の評判!かわいい?絶賛派の感想!(なごみん)

22/7の滝川みゆ役の西條和(さいじょうなごみ)さん。この記事は西條和さんの素晴らしさを、広め分かち合うための記事です。(注 偏見と偏見に満ちています。)




西條和(滝川みゆ)声優の評判!かわいい?絶賛派の感想!(なごみん)

アイドルでもあるのでもう当たり前にかわいいので、そこは議論の余地がありません。では何故かわいいのか?心を掴むのか?勝手に仮説を立ててみました。

アニメキャラ滝川みうのかわいさの7つの理由のページはこちら

⑴ 完全なる陰キャラの御神体

22/7の冠バラエティー番組の控え室で、よくカーテンに包まっているというエピソードが完全に陰なる者の学校でのそれである。

この安らぎを知るものは多いだろう。人が沢山いる空間での安心感。一緒のグループの楽屋でそれをするという事は相当です。バラエティーの中では、芸人の三四郎の相田さんが、完全に信者と化し常に援護しています。

それは共鳴する部分もあり好きだからというのは間違いないと思うのですが、援護する人がいないともうバラエティーとして成立しないほど




予想外の言動や企画そのものを否定してしまってそれを、面白く弄ろうとしても、もういじめている様にしか見えなくなってしまうレベルなので

そうしているのではないか?と予想しています。(これにより「それは違うよ〜」となっても相田さんが援護する事により全てが丸く収まり笑いに変わるからです。




生放送の番組の自己紹介でも(生身での出演時)放送事故かというほど、声が小さく、マジで聞こえませんでした。筆者は感じました。あっコレがちなやつだー!

それなのに何故かアイドルを目指し(22/7はアイドルであり声優でありvtuberなのでジャンルは難しいが)そして懸命に頑張るのか?

前に前に!自己顕示の塊のアイドルが多い中、稀有な存在です。




⑵ 圧倒的に世界観が並外れている

まず動物や生き物が苦手で、水族館に行っても、流木をデッサンするという行動に。AMSR(音フェチ動画)が好きである。空が好き。

もう何で喜び、何がだめなのか理解不能です!人混み苦手な人は動物とか水族館が好きな確率高いのですが、そうではなく好きなものはツナ缶。

番組の企画を考える回では、滝川以外のメンバーが色々なツナに合うトッピングを試し、自分は控え室にいる。という企画を提案しました。

?????完全に面白くないですよね?しかも自分は出演しないって、色々な概念を無視してしまってますよね?




⑶ もう既にアーティストの領域にいる

彼女のブログを、しかも現在の社会状態でこんな文を書いたのです。




(尺の都合上で改行を約1/5程度にしています。)

2020.04.07

リセット

誕生日、お正月、新学年

そういう節目が結構好きだったりします。

嫌なこともろとも自分も消せる気がして。

そしてこんどこそ良い人間でいようと。

正しく生きようと。

まあ成功したためしはありませんが。

えーと。

みなさん、
充実したおうちライフをおくっていますか?

私は家政夫のミタゾノ、サイレーンを一気見したりなどしておりました

途中流れるiPhone6のCMに時代を感じながら、

しばらくぼーっとしたりもしています

余計なことを考えたくないと思いながら、ちゃんと余計なことを考えたりもしています

そんなこの頃です。

こんな時だからこそ、
浮かび上がってくるものがあったりします

実は全然必要のなかったもの。

簡単になくなってしまうこと。

それでも触れていたいと思うこと、
どこまでいっても、変わらずここにあるもの。

そんなに大きな荷物なんていらなかった。

いろいろリセットする時なのかもしれません

リセットできる、いい機会なのかもしれません。

得るものはなくていい

せめて、

この状況を理由に捨てれるものがあってほしい。

そしたら今の時間も無駄じゃなかったと思えるかもしれない。

案外、必要なものは少ないもんです

いつか、ないことが当たり前になる。

今日の最低限だけをもって明日にいきたい

なくても大丈夫だったものは、

もういらない。


おしまい。

以上です。

(引用元 22/7 ブログ)

これが実際には改行の嵐で、ページの長さが半端ないです。他のメンバーは普通に2、3行で改行しているのに、真っ白なページ。






そしてi phone6のCMって昔の録画を観たのでしょうが、今の時代ネットの違法視聴を疑われてしまうので避けますよね?

「なくても大丈夫だったものは」「もういらない」

こんな言葉が出てくるでしょうか?アーティストでも今の情勢をこう表現できるでしょうか?何も得られなくてもいい。捨てるという。冷たい厳しさの様で暖かいメッセージ。感銘しました。




⑷ 周りに馴染めなくても自分を曲げることがない

22/7計算中(冠バラエティー番組)で滝川みうの誕生日企画。各メンバーが喜ばせる動画を撮影してきて、滝川が点数を付けるというもの。

普通は、メンバーに気をつかったり、バラエティー的な展開を考えるのですが出した点数は

24点24点23.5点3点2点0.2点0点

など!しかも一番最初に紹介された、風船を釘バットで割りまくる動画が24点で、そこから点数がどんどん落ちていき、それが優勝です。

満点は!100ですよ!メンバーですよ!テレビですよ!




もう・・・。ガチで凹んでるメンバーいるやん・・・。悪気はないんだと思います。嘘が付けないのだと思います。

アニメの放送終了後の回で、「気に入ってるシーンは?」という質問に「ないです。」

正直すぎるのですよ!このご時世に芸能界を問わずこんなに素直な娘がいるでしょうか?そりゃ演技かキャラ付けかもしれません。それならそれで、かなりの天才ということになります。




西條和(滝川みゆ)声優の評判!かわいい?絶賛派の感想!まとめ

という訳で、この記事を書いたのですがブロガーの端くれたるもの、皆さんが喜ぶもの、客観的に書くべきなのですが、今回は完全に筆者の趣味です。

そうです信者なので、盲目になっています。そして人は子どもの頃は誰もが無垢な存在です。しかし経験を経て、良くも悪くも大人になっていきます。

彼女はその途中にいるのかもしれません。成長して欲しくないというのは、こちらのエゴですので彼女らしく生きてくれればいいのですが、アニメの棒の演技も最高でした。(世間的には叩かれていますが)





でもそんな事はどうでも良いのです。今この瞬間の輝き。そして受け取ったメッセージ。

『いらなかったものは必要ない』

この言葉を胸に生きて生きたいと思います。アンチから見ればこの記事がとても気持ち悪いものだという自覚もあります。リアルの知り合いに読まれたくはないです・・・。




それでもこの気持ちを表現せずにはいられませんでした!

「どうか!家の母にこの記事を発見されませんよーーーーにーーーーー!!!!」

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!またお会いいたしましょう!

アニメ22/7が面白すぎる理由のページ

アニメ22/7の最終話のまとめページ




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする