『セルフプロデュース』[アイドル]の『やり方』まとめ考察

『アイドル』を『セルフプロデュース 』でやりたい!けど

やり方が分からない!と言う方へ【10個】のやる方法、まとめ。

「セルフプロデュース」の『アイドル』まとめ【2020年】のページはこちら




『セルフプロデュース』[アイドル]の『やり方』まとめ考察

その①コンセプトを決める

「曲」「衣装」「振り付け」「ライブのブッキング」「メンバー集め」など

やっていく上で、それらがチグハグですと

効果半減してしまいますし、メンバーを集めるにも、方向性が決まっていないと、入りたいとは思えないので

「コンセプト」を決めた方が良いと思います。

(ex. 王道カワイイ系、カッコイイ系、個性派、面白い系、病み系、ゴシック系、楽曲派、男装系。などなど)

『ラップ』のアイドルまとめのページ

『病み系』アイドルまとめのページ

『楽曲派』アイドルまとめのページ

『男装系』アイドルまとめのページ

その②アイドル曲の作り方

メンバーに作曲できる人がいれば、良いですがそれは中々、珍しい例なので

(↑自分で作曲もするセルフプロデュースアイドル『月羽珠』(るうず))

最初はカバー曲でもライブはできますが、だんだんと曲も欲しくなってくると思います。

【クラウドワークス】

又は

【ランサーズ】

というサイトで、作曲している人に依頼ができます。相場は大まかに↓

作曲3万円〜です。

こちらが作詞もできますし、依頼もできます。その人によって値段は、変わります。

大抵、サンプル音源を公開しているので、好みの人を探して、連絡してみましょう。

(ちなみに私も作曲しているので、ご興味があれば→Twitterアカウント@ヒロシンジ




その③アイドルの曲の振り付け方

曲ができたら、振り付けが必要です。

外部に依頼する事も可能ですが↓

(こちらも「クラウドワークス」や「ランサーズ」等で注文が可能。)

これが意外と結構、売れているアイドルでも、メンバーが振り付けを行う事が多いです。

(↑BiSHはメンバーの『アイナ・ジ・エンド』が振り付けを行なっている)

意外とハードルは低いので

思い切って自分で挑戦してみては、いかがでしょうか?

その④アイドルの衣装の作り方

最初はTシャツだけ合わせでも、十分ですが

(↑例えば『ユニクロ』のサイトでも1枚  1500円〜簡単にTシャツを作れます。)

その他、コスプレ衣装を使ったりもできますが

オリジナルのこだわりの衣装が欲しくなると思います。

オーダーメイドですと↓

【 JUNCOS (ジュンコス) 】

等のサイトに依頼できます。

〈ワンピース1着5万円〜〉が大まかな相場です。

根気があれば、生地を買って、自分で作るという手もあります。手芸が得意でしたら。




その⑤アイドルのメンバー集め方

ここはなかなか、苦労する所かと思います。

バンドでしたら専用のメンバー募集サイトがありますが(our sounds,with9等)

アイドルには、それに相当するサイトがありません。

現状Twitterでメンバーを募集しているという旨を、トップページにを固定しておき

こちらからスカウトする形が有効かと思われます。

(グループが解散したばかりに、人に声をかけると、即戦力となる可能性が高いです。)

明確にしておいた方が良いのは↓

・コンセプトや世界観

・活動のペース

・活動の方針

(地下でひっそり楽しくやりたいのか?ストイックに上を目指すのか?等)

・給料は払えるのか?

・チェキのバックはどれくらいか?等

だと思われます。

【「アイドルのライブ出演方法」など残り5つの項目は後半で】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする