アイドルオタクの気持ち悪い部分6つをアイドルオタクがまとめてみた感想!

元々はバンドファンで、途中からアイドルオタク歴10年の筆者ですら思う、アイドルオタクの気持ち悪い部分をまとめました。(問題が分かれば解決策も模索できるはずです。)




アイドルオタク『気持ち悪い部分6つ!』

その①アイドルのファンのコールやオタ芸が邪魔

考え方によりますが、主役は誰なのか論?オリジナルのオタ芸など、自分が目立ちたいだけでは?と思ってしまう。コールやオタ芸がダサいと、純粋にアイドルだけを見たい人のにとっては、邪魔以外の何者でもありません。

(筆者はアイドルフェス等で盛り上がりたい派ですが、それでも、楽曲派などでダサいコールをされると覚めてしまう部分もあります。)

楽曲派のページはこちら




その②異様に排他的な部分

中には、例えば「ハロプロのグループしか認めない!」の様な他の派閥を認めなかったり、ジャニーズ系のオタクに多いのは、推しが同じ人間を以上に嫌う現象。いわゆる同担拒否という。(その複雑な心情を表現した名曲↓)

THIS IS NATS / 同担絶対めちゃくちゃ拒否

(そこまでしなくても・・・。みんなで仲良く。楽しんだらいいと思うのです。幸せは分け合えてそして減らないはずです。)




その③本気で付き合えると思っているガチ恋

アイドルが感情と、恋愛感情を混同してしますと、その勘違いから問題行動を起こしてしまう場合があります。

NHKの調べによると、そのアイドルに一番貢いでいる人を『トップオタ』と呼ぶのですが、ほとんどのアイドルがトップオタを嫌っています。

(この方は↑アイドルのトップオタになった経験から、そのアイドルが解散後に彼女ができました。女性と話す練習と、自信が付いたおかげ。)

(ほどほどの距離感で、推しが沢山いる状態のが、引退した時のショックを分散できるので、筆者はDD(誰でも推し)です。気楽ですよ。)




その④写真勢の一部ローアングラー

写真が許可されている会場で、撮影する分にはいいのですが、一部のマナーの悪い方が、下から狙う行為は、お世辞にも紳士とは呼べないもの。

アイドルを不快にさせないようにすべき。そのイメージがアイドルオタクの全体だと思われてしまうのは残念な事。

(溜まった性欲は、お金を払って風俗に行けば良いと思います。アイドルとは、曲、カワイサ、ファンの熱気、独特なセンスの文化、の総合芸術だと思います。)




その⑤度を超えたロリータコンプレックス

我が娘の発表会を、見守る優しいお父さんの様な、心境。又は子犬や子猫は可愛いので、そういう感覚ならまだ良いのですが。

あまりに低年齢を性の対象として見て、本人たちにセクハラ行為は働こうとするのは頂けません。

性癖とは生まれ持ったもので、それ自体に罪はないのですが、『YES ロリータ!NO タッチ!』の精神を持って欲しいです。

(筆者は熟女好きなので、真矢みきさんが好きです。もっと熟女感を押し出したアイドルが増えて欲しいです。あれっこれはこれで気持ち悪い。)




その⑥オタク独特のセンスがなんとも

どこから生まれ流行っていくのか、オタクの文化は独特です。そもそも「ダイガーファイヤーサイバーダイバー」の様なコール(MIX)に嫌悪感を抱く人もいるかもしれません。

MIXの解説ページはこちら

(沼には、その趣味にどっぷりハマってしまうという意味と、受け答えが難しいヤバイやつの2つの意味があります。)

オタク用語は、スタイリッシュとはいえず、自虐を含んでいたりするので、そうでない一般人には厳しい部分があるかもしれません。

アイドルの専門用語のページはこちら

(もう日本語と英語、地球人と宇宙人のように、分かり合えなくて当然。少しでも分かり合えたらいいよね、くらいのスタンスのが幸せかもしれません。ちなみに筆者は沼です。2つの意味で。)

アイドルオタクの気持ち悪い部分6つをアイドルオタクがまとめてみた感想

筆者はアイドルオタクです。それでも一部のマナーを守れない人がいるのも事実です。しかしそれは一部でアイドルオタク全員がそうではないのです。




むしろアイドルファンは、優男である場合が多いです。そうです。

マナーさえ守ればいいのです!!!

その他、バンドのたくさん出るライブハウスですと、目当てのバンド以外は見ない。盛り上げないですが

アイドルオタクはその日1日のイベント、全グループを盛り上げようという精神がありますし、最前列は暗黙の了解でそのアイドルのファンにゆづります。

目当て以外のアイドルに誕生日の娘がいれば、配られたペンライトをファンでもないのに振ってあげたり、そのゴミはきちんと片付けたりマナーが良いです。




しかし分かり合えないものは、分かり合えないで、攻撃するのではなく、適度な距離感で関わらなければいいので、ネットで叩くのは個人的には無意味だと思います。

ブッタもそう言ってます。↑

もし、少しでもアイドルやそのファンを真理を知りたい人はこのサイトはほぼそれでできております。

それでは、ブッタに感謝して!ではまたです!

アイドルを応援するの心理のページはこちら




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする